海外ブランドの化粧品もオススメ

海外の化粧品ってどうなんだろう。

日本の化粧品と海外の化粧品だったら日本でしょ。

なんか海外の化粧品って肌荒れしそう。

 

こういったイメージを持っていませんか?

これらはイメージだけではなく海外の化粧品に見られる事実だと思います。

しかし、全てが同じではありません。

日本で販売されている化粧品と同じように、ダメな化粧品もあれば良い化粧品もあります。

そこで、良い化粧品とダメな化粧品の線引きとして、海外でもブランド化粧品として販売されている確かな化粧品を使ってみることをオススメしています。

多くの日本人ユーザを虜にするブランド化粧品ですが、未だ拒否反応だけで避けている人が多いことも否めません。

そのため、いきなり購入してしまうのではなくサンプルなど合わなかった場合の対処としてまずは少量使ってみるといいかもしれませんね。

 

どれだけ良い化粧品でも高かったら買えないし買いたくもない。

それではれば、安くて有名な化粧品も存在します。

何もかもがお金の額面通りではないという、良い例ですね。

安い化粧品に関しては、悪い例が多数存在するので、あくまで一例として考えてください。

しかし日本の安全基準は世界の中でもかなり高いので、どうしても安い化粧品を使いたい場合は、日本国内で購入した方が無難ですね。

日本でも化粧品に関して事件が起こることを考えると、安全基準に「絶対」は存在しないことは明らかですが、それでもやはり基準は高いに超したことはないですね。

 

しかし、その厳しい基準が逆に成長を阻害し、よりよい世界のために役立てていない可能性も存在します。

実際のところ、肌荒れ程度ならいいですが、後遺症など残るレベルの事件は起こってしまってからでは遅いので、必要なルールではあるんですけどね。

 

しかしまだ想像のレベルの材料がルール上で使えないために、効能が良いと考えられる化粧品がつくれないなどはありますよね。

そういった未知の領域に突撃してみたいような、すこし怖いものみたさもある場合は突撃すべきですね。

行動せずにする後悔と、行動して後悔するなら…ってやつです。

 

ここまで脅かしてきましたが、実際はそんなに気にする必要もないように感じます。

資生堂クレドポーボーテの海外パッケージなんかを逆輸入してもよかったですし。

日本の化粧品の海外限定パッケージだけじゃなくてクレームドゥ・ラ・メールなど有名ブランドもとても良い化粧品です。

日本のお高い化粧品が件並みダメだった人が、ラメールなら大丈夫だった!なんてこともありましたし。

と思えば、100円均一の化粧品が大丈夫だったりと。

人体とは不思議なものですね。