化粧品のブランド別で比較するコツ

基本的にはブランドで選ぶという選択肢はあまりオススメできませんが化粧品のブランドで選ぼうとするなら口コミが有効です。

というのも、どんな化粧品も使ってみないと善し悪しはわからないので、実際に使ったことのある人に意見を聞くことが一番いいです。

テスターなど店頭で使わせてもらってもその場の結果でしかないので、購入して数日もしくは1ヶ月など使用してみてわかることもあります。

そういった感想は貴重なので、ぜひ参考にさせてもらいましょう。

しかしネットで口コミを探すとなると、少し難しいかもしれません。

ステルスマーケティングと呼ばれるヤラセの口コミや異常な批判など、本来の意味をなす意見が探しにくいからです。

そういったものを判別する確実な方法はありません。

とりわけ、自然ではない意見は重視する必要はないかもしれませんね。

しかしステルスマーケティングや批判も完全に役に立たないということもないです。

そういったメーカー側の売りにしたいポイントや批判するにいたった化粧品に関する情報はリスク排除に繋がります。

長所と短所を知り、自分の目的に合わせて化粧品を選べればよいですね。

お気に入りのブランドがあるならぜひ一度ためしてみてください。

こうして選んだ化粧品やブランドを比較するにも口コミは有効です。

運が良ければ使い試しした人の意見などもあるので、探してみてください。

あと先ほど軽く触れましたが、店頭でのテスターなどを使ったお試しも実際に自分の肌に合うかどうかという点で重要なので、試しておいて損はないです。

化粧品に対しての知識をしっかり持ったスタッフがいるお店が好ましいので、メーカー直営店や百貨店のメーカー別にスタッフがいる化粧品コーナーなどで、お願いすれば使わせてくれたり、レクチャーしてくれたりします。

無料で試せるのでお肌に合わない場合は、その時点で候補から除くことが出来ますね。

そのかわりといってはなんですが、相手も仕事なので肌に合う場合は化粧品を色々勧められると思います。

その際にいくらか買ってあげるかもしくは何も買わずに逃れるかはアナタ次第です。

どちらの方がお得か、と考えると安くてもいいので、何か買った方が今後のためになりますよね。

何も買わないお客さんと判断されてしまうと次回またお試しさせてもらいたいときに拒否される恐れもあるので。

そうなっちゃうと場所変えないといけないので、なんだか労力や時間の無駄というか。

となると、今でも使っている化粧品のブランドだと買い足ししにいくついでにお試しって感じなので、行きやすいですね。

本来はこういった形でお客さんを集めてるのかもしれませんしね。

あからさまに悪態でいくのはやめた方がいいです。

更にいえば、仲良しのスタッフができればより一層いいですね。

そうすればアドバイスも具体的なことを聞けますし、お店に寄りやすいですし、何より楽しいですよね。

やっぱり好きなことを苦しんでやるよりも楽しくやった方がいいですね。

でもあくまで、スタッフさんのお邪魔をするようなことはないようにしたいです。

私がこの間、いきつけのお店によったときに仲のいいスタッフさんが困ったお客さんの接客されてて、他にお客さんがいて混んでる中で長々と要望を伝えるだけのお客さんを見て、残念な気持ちになりました。

そういったお客さんになっていないように願うばかりです。

反面教師にしたいですね。

スタッフさんにつきっきりでお願いする場合なんかも、混んでるときじゃなくて空いてるときにとか、そういう心遣いができればいいなと思いました。

そういった心遣いって損得とかそういうレベルじゃなくて、利用させてもらう上で、必要なことというか。

と、少し話がそれてしまいましたね。

人にお願いするとか仲良くするのが苦手って人は、通販お試しセットがある化粧品もあるので、注文する手もありですね。

こちらは特に付き合いとか気にすることはないですが、用意されている化粧品は少ないです。

それぞれの良い方法を探してみてください。